2008年10月29日

こ・な・ゆ・き・が〜

あっちこっちに初雪の便りです。今日は本当に寒いんです。

あまりの寒さに冬眠したかったらしく、1時間も寝坊しました。
家族全員の目覚しがどれ一つも鳴らず、起きた時には冷や汗〜。
それでも、娘にはしっかり朝食を食べさせて送り出しました。

TVのCMでドリカムの声で「こ・な・ゆ・き・が〜」と繰り返されて
耳に付いて脳内で繰り返してしまいます。
この前までは矢島美容室の「パオ!・パオ!・パオ!」、
その前は谷山浩子の「ハサミとぎ、ハサミとぎ、ハサミとぎ〜」。
家事の合間にも頭の中で繰り返すんですが。なんか、寒い〜なあ。

今日の最高気温は6度?、午後3時で4度だそうな。
朝から雨が降ったり止んだり、時々雲の切れ間から太陽の光が射すという感じ。
合間をぬって散歩に出ますと、寒さが嬉しそうなハスキー。
落ちてくる木の葉にまではしゃいでます。

w-2.JPG

寒いのでリノアはどうかと思ったのですが、こちらも張り切って歩きました。

先週から肝臓の食事療法をしているリノアですが、
先週の木曜日に便に鮮血が混じり、ビックリ。
いつもの病院が休みだったので他所の病院で診てもらい、
止血剤と抗生物質を注射してもらい。整腸剤も処方されました。
療養食の消化の加減が良くないみたいで、少しエサを減らすように言われたのですが…。
今週になってもまだ便に血が混じるので、いつもの病院で検査してもらいました。
結腸や直腸の部分で何らかの炎症があるみたい。
一応ということでレントゲンを撮ってみると先生が「うーん。」
「やや肝臓が大きくなってはいるが、他に気になる所は・・・。」
「ちょっと、もう一回、超音波でも見ますね。」と
慎重に慎重に診てくれました。
でも、「悪い所が見つからないなあ。」
「もしかしたら、療養食にアレルギーがあるかもしれないなあ。」
直腸の出血を止める薬を処方してもらい、
肝臓の方の改善を優先する事にしてアレルギーかもしれないけれど療養食を続ける事に。
翌日の便にはまだ少々の出血ですが、今日の便は大丈夫でした。

今日も食欲あり、便も改善。お散歩もほどほど楽しみ、人の出入りに煩く吼える。
お腹に良性腫瘍が有りますが、肝臓も少し悪いですが。
もうすぐ14歳のコーギーとしては上々だよと思う事にしています。
十分、頑張っているねと誉めてあげたいですよ。

w-1.JPG

紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉
話が変わって、
昨日は娘と二人で某大学4年生のKさんとお話をしてきました。
彼女は卒論に「家族とペット」というテーマで取り組んでおり、我が家のペットについてインタビューです。

出来たばかりの『OLD' TIMES』
http://panseijin-arisa.blog.so-net.ne.jp/2008-10-07参考)というお店は素敵でした。
何故か、珈琲の前に炭酸水が出されて??でしたが。

1時間の予定が大幅にオーバーの2時間。
楽しくうちのワンニャンや今まで飼っていた動物たちの話をしました。
介護や死んでしまった時の事についての質問などもありましたが、
うちの飼い主としての考え方を話してきました。
ちょっとはお役にたったかな?

最後に彼女が話し出したのは、
彼女が飼っていた犬を亡くした時の悲しい体験でした。
彼女は安楽死を選択しなければいけないような状況と選択しての罪悪感と、
他の家族との関係とペット喪失のショックから今立ち上がろうと
必死で向き合っているようでした。
生死の問題を抱えるには若い彼女。
さぞかし辛かっただろうと帰りの道々娘と涙してしまいました。

彼女がペットロスやその他の悩みから早く解放されてくれる事を心より祈っています。

それと、卒論がうまくいって無事の卒業もね。猫(笑)


















ニックネーム ミント at 15:19| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リノアちゃん、治療(療養かな?)が順調みたいでよかったですね。いつまでも元気でいて欲しいですね。元気で頑張っているリノアちゃん、ご家族に大切にされてるからこその元気ですよね♪
卒論がんばっている彼女さんの悩みや哀しみも、本当に少しでも早く癒せるといいですね。卒論を通して向き合ってるのかもしれませんね。すごい事だと思います。ガンバレ!
Posted by ぶらぼー! at 2008年10月30日 00:58
気温の低さは天気予報でみても驚きです
どんなに寒くてもお犬様は元気ですよねぇ〜
少し元気を分けて貰いたいくらいです

出血が止まって良かったです
療養食だったのかな?

ペットロスに関しては若い方だと立ち直るのに
苦労しそうです
最愛の小さな家族が居なくなるのはホントに辛いです
私の場合、寿命が短い事を覚悟して飼い始めます
『覚悟』は言うのは容易いですが
心の整理は難しいです・・・
短い命のペットには楽しく暮らしてもらいたいし
その為の手助けもしてあげたいです

Posted by きなこパパ at 2008年10月30日 14:14
こちらではTVで「北海道は雪〜」って、スゲ〜イカス〜と大喜び♪
日光ですっけ?あちらでは初霜だったかと思います。

良くも悪くも「犬は飼い主が選べない」とウチの院長が良く言ってました。
悪いほうは想像付きますが、良い方として、全ての判断は愛犬を思っての結果、後悔が多い程、愛してた結果だと思います。
亡くなる寸前etc、どうしても残る記憶ですが、私はソレはその子が残した記憶の何万分、何億分の1だと思うんですヨ?
その子が生まれてきて、その飼い主さんの元にたどり着き、最後を迎える。
その子が生まれてきた理由は、亡くなった時の記憶を残すだけの為じゃないと私は思います。
そう思いたいと思う気持ちを、ウチの先代は残してくれました。
そう思うのですヨ〜顔(泣)
Posted by Read at 2008年10月30日 18:34
リノアちゃん、少しは良くなったかな?
私の場合、良かれと思って飲ませた薬が思わぬ結果につながってしまったので、良く相談して考えて決断してほしいです

ペットロス・・
覚悟しても、わかってても、いざそうなると自分の思いがコントロールできなくなりますね
Readさんのおっしゃられるように、亡くなった時の記憶を残すだけじゃないとは思いますが、楽しかった時の思い出を話しているうちに、その思いと同じくらいまだまだ悲しく思ってしまう時があります。
頑張らなきゃね
Posted by プー母 at 2008年10月31日 20:55
皆さん、コメントありがとうございました。

四葉ぶらぼー!さんへ
元気になるとその分リリーに対して攻撃的になるようで、お局犬さまは扱いにくいですよ。まあ、元気が何よりです。
彼女は頑張り屋さんのようなので、良い方向に向いていけそうですよ。



四葉きなこパパさんへ
どうも、うちの犬たちは寒い方が好きみたいです。飼い主泣かせですよ。
モモちゃんは昼間っから蒲団で寝ていることが多くなりました。肥るなあ〜。

ペットロスもあるけど、他にも親の対応が…ということもあるみたいで、気の毒です。
でも、まだ、若いからこれからもいろんな経験をして成長してほしいなあと思いましたよ。まずは卒論がちゃんと出来ますように祈ってあげてくださいませ。



四葉Readさん、ありがとうございます。
本当に一期一会で繋がった縁ですが、動物も人も関ったことの幸せを大切にいたいですね。
うちのように、いろいろいるとペットロスになる暇もないような気がしますが、実際はどなるのかは判りませんね。

沢山の楽しい思い出をくれる動物たちには感謝、感謝です。
Posted by ミント at 2008年11月02日 16:15
四葉プー母さん、いらっしゃい。
プーさん亡き後、淋しい思いのところ、ありがとうございます。
チョット、重い話だったかな。

ここの所、リノアも元気が出てきたのかガウガウという小言も増えて賑やかです。

2匹各々病気持ちなので私は先生にはしつこいくらいの質問をするんですよ。
薬もネットで調べたりするので結構慎重です。納得して、後悔の無いように…。
でも、いざとなるとどうなるのかは判りません。
でも、きっと他の子たちが癒して慰めてくれると思います。

プー母さんも今は辛いでしょうが、またどこかの縁で出会った子に癒されて、幸せに暮らせるかもしれませんよ。
それが犬か人か猫かは判りませんが、いい出会いに恵まれますように。
だから、あんまり頑張らないで、縁を待ってみませんか?





Posted by ミント at 2008年11月02日 16:31