2008年05月12日

イェ〜イ♪ロックガーデン

先日手に入れた高山植物を生かすべく、ロックガーデンを
造る事にした。ロックガーデンなのでノリが大事?!
一気にやってしまおうと、この3日のうちの半分を費やして
なんとか出来ました。

場所を決めたら一気にワシワシと掘る。気分はモグラ。
穴掘り.JPG

水はけを良くするために土台を作る。
工事で出た瓦礫や壊れた素焼き鉢をハンマーで叩き割り大粒の石の
サイズにして土台にする。
(ストレスのある人には向いているかも知れませんが、やりすぎると
うちの娘のように腕が痛くなります。)
コツを掴むとけっこう楽に割れるんですがね。
気分はドワーフまたは石工。
梶潛.JPG

軽く火山灰と腐葉土の混ぜた土を掛けて凹凸の具合を見ながら石を配置する。
安定性良く置くのが何より大事。崩れると足の上に乗ってしまうかもしれないので慎重に。
イメージは岩山。植物の成長を考えながら植栽をしていく。
殆ど箱庭ですね。仕上げに鹿沼土と砂利を置いて落ち着かせる。
土.JPG

なんとか完成。水を掛けて余計なドロやゴミを落すとこんな感じ。
鹿沼土の黄色が目立つが、乾くと白っぽくなるのでもっと落ち着いた感じになると思う。
土.JPG
どうでしょうね。気に入って可愛い花を咲かせてくれるかしらね。

リーたんぽぽ.JPG
タンポポの黄色が綺麗だね。飛び交う蜂さんには気をつけて。

昨日はリリーの眼科の検診でした。思いもよらない結果でちょっとショックでした。
でも、眼が見えているし身体も元気なので前向きに行こうと思います。


ニックネーム ミント at 00:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロックガーデンとはこう言うのなのですね
確かに箱庭ぽい!
小さなお庭がなんか素敵です
鉢植えで、箱庭みたいなの作りたいなぁ〜
と思っていましたので
庭にこの様なのが作れるスペースがあるのは羨ましい限りです
あっ
レシピ観ました
材料を整えチャレンジしたい感じです
まぁ、始めの1回は必ず失敗するんですけどねぇ(笑
Posted by きなこパパ at 2008年05月12日 12:02
きなこパパさん、いらっしゃいませ。
ロックは岩のrockで、本来は岩を愛でるためのものですが、
私のように植物を楽しむためのものをロッケリーというらしいのです。
ロックガーデンと言うのが通常に広まっているのであえてノリのよいほうを使いました。

因みに、チェコの有名な小説家のカレル・チャペック氏は
ロックガーデンがお気に入りで、
岩が高山植物などの小さく可愛らしい花のクッションで覆われるのは、
「荒涼とした地球があるやさしい愛のひとときを生み出したこの世で一番優美なもの。」と言ったとか。
奥が深い世界のようです。
Posted by ミント at 2008年05月12日 19:32