2008年03月18日

キャベツ、YES!!

05.7.4niwa3 042.jpg

今日の散歩の道々、いやな事といい事がありました。
(いやな事。)
リリーと歩いていると、あるお宅の庭先に小さなトイプードルとおじいさんがいるのが見えました。
通り過ぎると、後ろからトイプードルが凄い勢いで吼えながら追いかけてきました。
「あら、可愛い子が遊びたがって追いかけてきたよ。」と立ち止まったら、
その後ろからおじいさんが翔けて来て「○ちゃん、こっちにおいで!かじられちゃうよ!」と
その子を捕まえようと右往左往。
その間ずっと「おっきい犬にやられてしまうよ!かまれるよ!」と叫んでました。
ちょっと〜。リリーはワンの一言も言ってないのに、酷い云われ様じゃないですか。
ノーリードで吠え掛かっているのはどなた?
最近、こういう飼い主増えすぎですよ。
まいったなあ。

(いい事。)
めげそうになりながら先に進むと、
以前に何度か話したことのある年配のご夫婦が庭の雪を掘っていました。
リリーが立ち止まってシッポをやたらと振るのでおやっ思ったら、
そこには立派なキャベツがごろごろ。

「可愛い犬だね〜。」とご主人が声を掛けてくれました。

「すみません、この子キャベツが大好きなもので、匂いに釣られちゃって〜。」と
いって離れようとしたら
「そうか〜、ちょっと待って。」と言ってすばやくキャベツをむいて道端まで持ってきてくれました。
「おいしいかい。」〜なんて優しいおじさん!!揺れるハート
(優しいおじさん大好き)ともらったキャベツはあっという間にたいらげ
「ご馳走様でした。」
リリーはきっとこのおじさんを『キャベツのおじさん』とインプットしたと思います。(笑)

お散歩でおやつをもらったなんて、ラッキーだったね。Good




ニックネーム ミント at 23:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんと多いですよ・・・
ウチもギャンギャン吠える小型犬の飼い主が、自分の犬を叱りもしないで「この子、大きな犬が怖いのよ〜」って・・・
本当に怖いなら尻尾巻いて逃げる(固まる)ハズなんです。
吠えて向かってくると言うのは、威嚇や喧嘩と一緒(飼い主の後ろ盾が有ると知ってるからなんでしょうけど)なんですよね・・・
自分の子を叱らないでまるで「ソッチが悪い」と言わんばかりの態度には辟易しますふらふら

後はオスメスを確認してから接触させてくるオスの飼い主さん・・・大抵はエロ魔で乗ってこようとしたり、で、一言「お前じゃ無理よ〜w」って・・・柴とハスでも子供は出来る、無理と言う事は無いのですよねぇ
メスの飼い主としては、マウント行為でも私は嫌なので、その前に「止めろ」と思っちゃいます顔(え〜ん)

飼い方はそれぞれ色々
神経質な人、無関心放置playな人
どれが悪いとは言えないけれど、もう少し相手の気持ちも考えて欲しいですよねもうやだ〜(悲しい顔)
Posted by Read(りさママ) at 2008年03月19日 07:13
りさママさん、いらっしゃいませ。
わが子可愛さなんでしょうが、勘違い飼い主は急増中ですよね。
しつけの問題で、恥をかくのは犬と自分なんだけど。と、書いて
「あのおばさんが怒るから・・・。」と自分の子どもにいう母親を思い出しました。

そういえば、犬も子どももしつけをしていないなんていうのもいますね。

先日は運転しながら膝に犬を乗せているママさんドライバーを見ました。
信号で並ぶたびにギャンギャンと吼えるんです。
助手席にはチャイルドシートもなしで幼児を乗せて。
もし、事故でも起こしたらと思うと恐ろしい〜。保険だってもらえなくなるかも知れません。
可愛いのなら最低限のモラルを持って飼ってほしいものです。
犬じゃなくて飼い主の責任だと思います。


Posted by ミント at 2008年03月19日 17:56