2008年11月26日

変化の術〜この子はだあれ?

うちの飾り棚の奥は鏡になっています。
それはもうリリーが来る前から有るんですが、先日リリーは
やっとそこに鏡が有ることに気がついたようです。



なかなか、面白いです。

思えば、リリーは自分の顔を知らないんです。
コレで、自分だってわかったかな?

この子知っていますか?・・・じつは9ヶ月の時のリリーです。
riko-1.JPG
白内障に気がつく数日前。
なんとなく表情の乏しい子だなという印象を受けませんか?
子犬なのに悟りきったような・・・。

その後、白内障の手術で眼の周りを剃られて地肌の黒い色と
消毒のヨードチンキの茶色で隈取。
やっと毛が生えてきた頃がこの写真。
riko-2.JPG

その後、半年たって再びの手術。また、眼のまわりを剃られて隈取。

そして、これが今のリリー。
riko-3.JPG

1年でいろいろと大変でした。手術以来、毎日4回の点眼とケア。
医療費の負担もさることながら、肉体的にもキツイです。
でも、その甲斐あって
今や、とっても表情が豊でとっても活発な子になって・・・。
多少のおバカキャラでも眼が見えて健康に遊べるのが1番。
これからも、現状を維持できるように頑張らなきゃね。
土曜日に行った眼科の検診でも先生に言われました。
「現状を維持できるように・・・。」

ちなみに、こちらは来たばかりのリリー。生後3ヶ月。
koriko.JPG
痩せチビで狐の子みたいでした。

ニックネーム ミント at 00:12| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする