2008年03月13日

犬の学校

春2.JPG
陽気に誘われて、長々散歩しました。
散歩しているうちに、犬の学校のそばにきましたので、
チョット寄ってみました。
途中に北海道犬の2匹に吼えられ、おおきいシェパードに吼えられ
少々怯えましたが、ちゃんと覚えていたらしく
犬の学校の近くにくるとゆっくり側歩をします。

丁度、作業小屋に校長先生がいましたのでご挨拶。
「その後いかがですか?」といわれましたので目について話ましたら、
「お勉強のほうは?」ヤッパリ、聞かれますよね。
「はい、引き癖は良くなりましたが、ちょっと甘やかしたので
まだまだです。」恥。
「そうデスカ・・・。」校長先生がじいっとリリーの目をみると、
リリーが縮みあがったように見えた。
小柄な柔和な感じの方なのに犬に対する校長先生の威厳がすごいです。

警察犬、災害救助犬などのレベルが高い訓練をやっている所でして、
うちのような家庭犬のレッスンもやっています。

今週末は雪山に埋まった人を探し出す災害救助の試験があるそうです。
(良い結果をお祈りします。)

ちなみに、リリーも「おすわり」、「おて」、「おかわり」
「ふせ」、「まて」、「来い」、「つけ」くらいはわかっています。
ただ、「しかたないなあ〜。」とか「これくらいでいいじゃん〜。」と
ゆるい態度がなかなか抜けなくて、ひとえに飼い主の甘さのせいです。
病気とかチョークが使えないとかの言い訳でサボっているのが悪いんです
反省して頑張らなくちゃね。



雪山も最後かな?


ニックネーム ミント at 08:57| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする